給餌の様子

2014/03/12 Wed

今日は曇り。
気温も上がって比較的穏やか。
これで太陽出てれば雪解進みそうなのですけど・・・。

日中もですが、今朝も暖かかった。
毎朝車庫まで金魚の様子見と烏骨鶏の餌くれに行くのですが、
朝道路の雪が凍ってない。
ゆっくりではありますが春が近付いてきていると言う事でしょう。





今日はタイトル通り金魚の餌くれの様子です。
まずはやっている餌から。
C01-8715.jpg C01-8717.jpg C01-8716.jpg

左から浮餌の大・浮餌の小・沈みです。
メーカーが違うのでサイズの表示が違いますが、
浮餌の大は袋にはMサイズと表示されてるけど、
号数だと4号くらいだと思う。
浮餌の小は2号サイズで沈みは4号サイズ。
これは車庫水槽にやっている餌。
玄関の当才はこの浮餌の小とキョーリンの沈みをやっている。

車庫水槽は週に二度位で玄関水槽は週一度です。
キッチリ回数が決まってないのは様子見ながら適当にやっているから。
これから気温が上がって水温も上がってくれば
餌の回数も増やしていきます。
が、玄関水槽は今シーズンは餌やり回数増やさないかも・・・。
ただでさえ水槽の壁面の苔が凄いのに
これで更に餌増やしたら収拾がつかなくなりそうなので・・・。
まぁ、今後の様子見ながらやっていきますが。





実際の食事風景。
まずは親水槽。
C01-8723.jpg C01-8725.jpg C01-8726.jpg

上の浮餌の大を二掴みが何時もの量。
中には絶対に浮いてこない奴らもいるのでそいつらは沈み。
普段濾過槽の陰から出てこない奴らもこの時だけは出てくる。

デカいので泳ぐというか尾のキックの力ハンパないので、
迂闊に近くで見ていると水かけられます。

浮餌を9割り方くらい食べたら沈みをもう二掴み。
飼育書では5分で食べきれる量をとか書いてありますが、
そんなの気にしない。
毎日やる訳じゃないのである程度は食わせます。





三才水槽。
C01-8718.jpg C01-8720.jpg C01-8722.jpg

ここは浮餌の大を二掴みと小を一掴み。
プラス沈みを二掴み。

この水槽が数・密度とも一番なので水が痛むのも早いし、
濾過槽も一番汚れる。
これだけ過密にしていれば仕方無いのですけど・・・(笑)。





二才水槽。
C01-8734.jpg C01-8737.jpg C01-8738.jpg

ここも浮餌の大を二掴みと小を一掴み。
プラス沈みを一握りと半分くらい。

とりあえずどの水槽も今のところ大過なく来てる。
これから越冬終盤に調子崩すことなく行きたいものですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR