越冬イケスに行って来た

2014/03/24 Mon

今日は晴れ。
気温も上がって「春」って感じの陽気です。
今週はこんな天気が続くそうですから雪解も進むでしょう。

今日は天気が良い代わりに
花粉も大量に飛ぶって事でしたが、
幸い室内にいるのであまり関係ないかな。
明日以降外出時にどうなるのか、気になるところです。





まずは昨日書いた通り、連休中に行ってきた
越冬イケスの様子を紹介します。
水替えの様子などは徐々に。

それでは池の周りの雪の様子から。
C01-8413.jpg C01-8668.jpg C01-8861.jpg

左が1月28日、中央が2月23日、右が一昨日。
約一か月間ごと離れていますが、
今シーズンは雪が少なかったせいでそれほど違いは無いかな。





田んぼの様子。
C01-8871.jpg C01-8899.jpg

少し角度を変えてイケスの隣にある田んぼ。
大分雪解が進んできたのが分かるかと。




葦簀。
C01-8872.jpg C01-8876.jpg

イケスに掛けて置いた葦簀ですがボロボロです。
葦簀のクズがイケスに落ちるので、
イケスの中も葦の枝だらけになってます(笑)。





折れた柱。
C01-8896.jpg

上の葦簀をめくった方のマスに掛けてあった柱。
上の写真でも左側の一番芽と二番目の柱の
間が空いているのが分かるかと。
直接は雪の重みで折れたのですが、
多分白アリか何かにやられた柱が雪の重みに
耐えられなくなったものかと。





金魚の数。
C01-8450.jpg C01-8908.jpg

前回イケスに来た時に金魚減っているようなって書きました。
やっぱりかなり減っています。
左が1月18日で右が一昨日、半分以下って感じかな。
死んだというよりも多分獣に捕られた。
残念ですが毎日見に来れない場所にある以上
仕方ないって感じです。
こんなことがあると秋のうちに
市場に回せばよかったと悔やみます(笑)。





金魚の様子。
C01-8881.jpg C01-8884.jpg C01-8885.jpg

葦簀の残骸が邪魔ですが、こんな感じ。
この後餌撒いたのに寄って来たのが上の写真。





クレソン。
C01-8897.jpg C01-8912.jpg

クレソンも例年より成長が早い気がする。
葉は寒さに耐える為まだ縮れてますが、
もう少し暖かくなれば生長も進むはず。
この様子なら4月の中旬には食べれるかも・・・。





フキノトウ。
C01-8914.jpg C01-8916.jpg

何時もは降りて来た道を登って帰りますが、
雪解で生えてくるはずのフキノトウを狙って田んぼの畦を帰る。
我が家の敷地なので生えているところは分かるのですが、
ウサギやネズミに先に齧られていないとも限らない。

幾つかは動物に先を越されているのもありましたが、
我が家で食べる分位は十分採れた。
天ぷらにしてもらって食べましたが、
雪解け直ぐのは何と言っても軟らかい。
土臭い香りとフキノトウの香りと苦みを口にすると
春になったなって感じます。





田んぼの反対側から。
C01-8922.jpg

この写真撮っている頃はフキノトウ採取終ってます(笑)。
帰り際にイケスと田んぼの様子を撮った見ました。

この田圃の雪が無くなる頃に隣の野池の表面が出てくる。
あと一月位かかるかな。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR