今年の雌親候補

2014/04/30 Wed

今日は雨のち曇り。
午前中はシトシトと雨が降っていましたが、
お昼前位に止みその後は曇り。
気温も上がらず肌寒い感じの一日。

なのですが、ここの所ずっと晴天続き。
気温も上がって雪も消えたのですが晴れ続きで水が無い。
なので今回の雨は調度良いお湿り。
恵の雨って感じです。

大きくなれずにいた椎茸やこれから芽を出して来るだろう、
アスパラには本当に喜んでいることでしょう。
それから山菜もこの雨でグッと大きくなると思います。


世間的にはゴールデンウィーク真っただ中なのでしょうが、
今年はカレンダーの並びの関係か自分としては全く普通。
三日からの4連休まではあんまり関係ないかな(笑)。
とは言え、昨日は昭和の日でお休みでした。

で、昨日は野池の糸とネット張り。
まだ二才と三才を放す野池には雪が有りますが、
親を放す野池の雪はとっくに消えてる。
当初、午前中に糸張りしたら午後一に金魚放して、
その後ネット張りをしようかと思ったのですが、
天気予報だと今日・明日が雨模様。
当然水温も下がるし。
と言う事で金魚を放すのは3日以降にすることにして、
昨日はひたすら糸張りとネット張り。
ついでにゴミ出しもした。
何時でも野池に入れる準備は出来た。
何時もの事ですが、作業中の写真は無い。

ところで自分、サンショウウオの卵塊は今まで保護してきた。
保護と言っても別段何をするわけでなく
ただ見て見ぬふりをしていただけなのですけどね。
仔採りする野池は春になってから水を溜めるので、
サンショウウオは来ない。
他の池に産み付けられたものは放置が去年までの方針だったのですが、
これが功を奏したのかそれともいけなかったのか、
昨日糸張りした野池は去年の数倍の卵塊がある。
親を入れる野池なので、食われる心配がある訳じゃない。
まぁ、金魚がやたらした子は確実に食われるだろうけど・・・。
やたらの仔なので食われても別段気にしないし。

なのですが、酸素だけは消費するわけです。
これが問題なのです。
今までの保護政策を打ち切って今年からは間引くことにした。
全部捨てるのは忍びないので、三分の二位を破棄。
まだ二才を入れる野池には大量にあるのですが、
これも破棄しないといけないかな。

サンショウウオとかモリアオガエルとかって
如何にも自然豊じゃないと居ないってイメージでしょうけど、
結構普通にいたりするのです(笑)。






ここの所、花や景色の写真を紹介してばかりで、
金魚が少なかったのですが、今日は金魚です。

今年の雌親候補。
候補というか、使う予定の雌です。
他にも何匹かは使うので、こいつだけじゃないですが・・・。

土曜日に仔採りする野池のランマ締めをして、
日用から水を溜めだした。
多分今日で満水になっているはず。
田植えが終わってからの子取りになるので、
まだ20日以上先の話ですけどね。

五才の玉さば。
704-5183.jpg 704-5549.jpg 704-5668.jpg





704-5546.jpg 704-5424.jpg 704-0465.jpg





704-3843.jpg 704-5189.jpg 704-5058.jpg

上から見ても横から見ても、真丸です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

さば尾様

こんばんは。
山古志の春は大好きです。
先日、種す原、濁沢方面に仕事行ってきましたが、カタクリの花や、黄色くて小さな花が沢山咲いていて、きれいでした。

親魚も選べると楽しみが増えますね。
良い子が採れそうですね。

kingyoman13

Re: タイトルなし

kingyoman13さん、こんにちは。
いつもコメント有難うございます。
自分も当地の春は毎年の事ながら好きですねぇ。雪に閉ざされた冬が有るから春の感慨もひとしおなのだと思います。なので春になるとつい周りの様子を紹介したくなって色んな写真を載せてしまいます(笑)。多分春の様子は里と山の違いが有ってもそんなに変わらないのでしょうけど・・・。
雌親の選択はどんな子を採りたいかで変わって来るので毎年悩みます。と言っても冬場に見ながら何時の間にか決めてしまっているようなところも有ったりするのですけど。
今年も良い仔が採れると良いのですが、こればかりはやってみないと分からないので・・・。
早く選別が出来るようになると楽しいのですけどね。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR