池入れ その二

2014/05/14 Wed

今日は曇り。
朝からどんより曇ったままですが、気温は上昇してます。
天気予報だと今年一番の暑さになるとか。
まだ涼しいくらいがちょうど良いのですけどね・・・。
さすがに朝晩はまだ冷え込みます。





今日は週末に行った池入れの様子です。
本当は田んぼが忙しいので、金魚どころではないのですが、
晴天続きで水槽の温度は上がるし、
餌をやるしで水の汚れがハンパない訳です。
ですが、田植えが終わるまでは
水替えして濾過槽洗ってという作業をやっている暇がない・・・。
かといってせっかく上手く越冬させた金魚たちの
調子を崩す訳にもいかないし・・・。
という事で無理やり時間作って水槽の金魚放すことにした。
しかも全部(笑)。

と言う事でまずは当才から。
C02-0426.jpg C02-0429.jpg C02-0432.jpg

こう見えて結構な数がいます。
以前も書きましたが、去年の丹頂の雄の影響で丹頂率高いです。





当才、横身。
C02-0433.jpg C02-0435.jpg





C02-0437.jpg C02-0439.jpg





C02-0440.jpg C02-0443.jpg 





C02-0445.jpg C02-0447_201405141334426f4.jpg





C02-0451.jpg C02-0453.jpg

二段目と三段目は同じ向きの写真しかなかった。
両側撮ったつもりでいたのですが・・・。

秋までに握りこぶし大くらいまで、出来ると良いのですが。
みんな大きさを揃えるのは難しいかな。





続いて二才。
C02-0455.jpg C02-0457.jpg C02-0459.jpg

年開けているので世間的には三才。
ここら辺から時間が押して来ているのでかなり焦り始めてます(笑)。
なので水合わせ中の写真のみ。

簡単に池に放すまでの手順を書くと。
まず水槽から全部取るのですが、これが時間がかかる。
特に当才は数がいるうえに上下に水槽組んでいるので、
捕りずらいこと。
全部捕まえたら次は選別。
野池に放す立て分と残念ながら放せない奴らを選り分ける。
これにも時間がかかる訳で・・・(笑)。
で、立て分は入れる野池に持って行って後は放すだけ。
残念ながらもれた奴らは越冬イケス組と同じ野池でしばらく飼って
後は時期を見ながら出荷です。

これを当才・二才・山菜と繰り返す。
しかも三才水槽からは何ヵ所かに分けて入れるので更に大変。





三才。
C02-0462.jpg C02-0464.jpg C02-0465.jpg

半年間太陽の光を浴びていない割に緋色は綺麗。

上の二才と比べてもらうと、こちらの方がさば尾体型が多い。
三才を採った時はデカくなる質を重視して親選びした。
結果、デカいけどさば尾が多い。
二才・当才は丸くなる質を重視して親を選んでいる。
丸いけれど柄は単調なものが多いかな。

今年は全部狙いで行く予定なのですがどうなるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR