仕掛けましたが・・・

2014/05/27 Tue

今日は晴れ。
朝から青空が広がり気温も上がって
春と言うより初夏のような陽気です。
まだ蒸し暑くなくて、
風が爽やかなこの時期は過ごし易くて好き。
夜も寝やすいし(笑)。

まずは週末の様子。
相変わらず写真無いですけど。
手植えの糯稲を土曜日の午前中かけて植えた。
半日屈みながら稲植えるのの辛いこと。
午後からは腰痛いのを和らげるため、苗箱洗い。
で、日曜日は前回書いた粳の田んぼです・・・。
当初半日手植えすれば終わるので、手で植えようかと思った。
のですが、土曜の午前中やって腰痛くて断念。
洗った田植え機持ち出して、植えました。
手でやれば半日かかるけど、田植え機なら15分位で終わる。
そのあともう一度洗ってもお釣り来るので・・・(笑)。

田植え機とトラクターと耕運機を洗って車庫へ。
トラクターは秋にも使いますが、
田植え機と耕運機は来春までお役御免です。
後は田圃回りや野池回りの細々したことを終わらせて休みが終了。
田植えが終わると春が終わったて気になります。

後は今週末に金魚たちが入っていた水槽と濾過槽を洗えば
春の仕事は一段落って感じになる。





今朝の様子。
何時もの山と棚田・棚池。
C02-1072.jpg C02-1068.jpg

写真見てもらっても初夏って感じになって来たかと。
もう少し稲が伸びて田圃が緑に染まればもっとそれらしくなる。





こちらも何時もの朝靄スポット
C02-1020.jpg

C02-1042.jpg C02-1043.jpg

今朝も新潟ナンバーのレンタカーに便乗されて
何人かの方が写真撮っていました。

上は野池に行く前に撮った写真。
下は野池で金魚の様子見て帰って来るときの写真。
ほんの僅かな時間差ですが、
かなり違った印象の写真になっているかと。





何時もの田んぼ。
C02-1052.jpg

もう少し稲が伸びてくれば田んぼらしくなるのですが・・・。





田んぼの法面と農道。
C02-1049.jpg C02-1051.jpg

田植えが終わったと思ったら草が大きくなって来た。
ここの所の雨で一層伸びた。
これからお盆過ぎまでは草刈りが週末の仕事です(笑)。





二・三才池。
C02-1029.jpg C02-1031.jpg

最初は警戒して浮いてこなかった奴らですが、
最近じゃ餌くれ場で待っててくれます。
まだ本格的に食わせることは出来ませんが、
少しづつ餌に慣れさせていかねば。





で、本題です。
週末、田圃をやりながらさば尾の仔採りすべく仕掛けた。
野池に吊り網張って産卵床代わりの杉の葉っぱ入れて、
親達を入れればセットは完了・・・なのですが。

木金と雨降りだった。
百姓としては待ちに待った恵の雨だったのですが。
野池は水温下がった。
吊網張るため胴付き長を履いて野池に入ったのですが、水が冷たい。
かなり水温低めのようで・・・。
水温計持って行けばよかったと思ったけど、忘れてたし。

土日と天気は晴れの予定だったので、
水温も上がるだろうと勝手に期待しましたが、そんなに甘くない。
土曜のお昼過ぎに親達吊り網に放しましたが、
今朝まで産卵の気配すらありません(笑)。

やっぱり人間の都合でやっても思うように行きません。
もう一週間待てばよかったのでしょうが、
水槽の水がかなりやばいことになって来たので、
水槽に置いて落とすよりは野池なら良いかと
安直に考えた自分が甘かったと言う事です。

一度放してしまうと今度は難しい・・・。
長期戦を覚悟かな。
今週はこの後晴れが続くようなので、
水温上がると良いのですが。

今シーズンの親。
C02-0998.jpg C02-0994.jpg

左が雌で、右が雄。
これで今シーズンはどんな仔が採れるでしょうか。
ってよりも、早く生んでくれ(笑)。





毛仔。
C02-1001.jpg C02-1007.jpg C02-1010.jpg

毛仔よりももう少し大きいかも。
各写真に金魚の仔が写っているのが見えるかと。
こっちは子取りに使わない親達を入れてある野池。
こちらの言葉でヤタラっていう勝手に生まれてきた仔達。
親で使えそうなサイズの奴らが数十匹も入っていれば
こうなるのは何時もの事。

この野池、今年はかなり丸い奴らが入っているから
ヤタラも丸いの出るかも(笑)。





最後はおまけ。
C02-1065.jpg

鷺のハネ。
野池の周りに落ちてたやつ。
鷺は金魚の天敵。
こいつ等に入られないようするために、
糸を張ったりネット張ったりしてる。
念入れに糸張ったつもりでもどこか隙を探すのです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

さば尾好き様

こんにちは。
そろそろ皆さん、繁殖の時期ですね。
うちは、3月末に生まれたやつが、病気なのかよくわかりませんが、落ちる数が多く、あと数匹で風前のともしびです。

オスもいなくなったので、先々週末に雄を調達して、昨日、お見合いしました。まだ、外は朝寒いので、行動が起こるかどうかは魚しだいです。私は、自然産卵で良いと思っているので、魚に任せます。産まなければ、来年ですね。

ヤタラの方が、生命力が強そうですよね。たくましく育って、将来輝く原石がいればうれしいですね。

kingyoman13

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

kingyoman13さん、こんにちは。
返信が遅くなって申し訳ありません。

そろそろと言うより、やっと繁殖させられる体制になりました。
百姓やって無ければもっと早くから仕掛けるのですが、中々思うように行きません。
しかも人間の都合で仕掛けるので、気分よく生んでくれないし・・・。

やたらは結局丸い奴良い奴の方が生命力弱いので、
鮒に近いさば尾のしかも素白や素赤が残ることになるのですよ(笑)。
なので、適当にヤタラモ選別してちょっとはモノになりそうなのを残すことにしてます。

折角生まれた分落ちているようで残念ですが、
まだ時期的には間に合いますから次も頑張ってみてはいかがでしょうか。

さば尾好き




プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR