餌とか色々

2014/06/16 Mon

今日は晴れ。
朝から快晴です。
梅雨らしくなく、湿度は低めなので、
気温は高いですが、比較的過しやすいかな。

今朝目が覚めて、時計を見たら五時前。
まだ少し寝れると思って目を閉じた。
で、目を覚ましたら五時半少し前。
二度寝して寝過ごしたと思って慌てて起きて仕度を開始。
カーテン開けると外が暗い。
曇りで暗いのかと思って時計を見たら4時半前だった(笑)。
まぁ、一度起きたのでそのまま五時になるの待ちましたけどね。
朝からバタバタしました。





そんな訳で今日は五時少し前から活動開始。
外に出た時空にあった月です。
C02-1673.jpg

デジタルズームを最大にして撮っていてるので、
ブレブレですが、まぁ雰囲気と言う事で。





で、何時もの朝靄スポット。
C02-1685.jpg C02-1687.jpg

今朝も県外ナンバーの車いましたね。
仙台と練馬ととこだったか忘れた。
何時もは全体を撮っているので、たまには違うアングルで。





タイトルの餌です。
まずは稚魚用。
C02-1464.jpg C02-1688.jpg C02-1690.jpg

左から粉餌、サナギの粉、二つを混ぜたの。
粉の事をマッシュとも言います。
マッシュポテトのマッシュと同じです。
粉は高蛋白の物を使ってます。

が、・・・肝心の当才が見えない(涙)。
以前も書きましたが兎に角産卵数が少なかった。
金魚の稚魚に餌をやっているというよりも、
カエルのオタマジャクシに餌をやっている気分です(笑)。
かといって撒かないわけにはいかないし。

親達の二番・三番に期待します。





浮餌。
C02-1694.jpg C02-1696.jpg

左は三才以上用で、右は明け二才用。
と言っても二才用は越冬時にくれていた餌の残りですけどね。
これが無くなったら二才も三才以上用と同じになります。

実は三才以上用も二種類混ざってまして、
越冬時にやっていた低蛋白タイプと今様の高蛋白タイプです。
こちらも低タンパクが無くなったら高蛋白のみになります。





沈み。
C02-1693.jpg

これも二種類のブレンド。
と言ってもこちらは高蛋白の普通餌と色揚げ用の沈み。
こちらは明らかに色が違うので、分かりやすい。

色揚げをやることには賛否が有るようですが、
自分は懐具合さえ許せばやるの否は無い。
ただ、通常餌の約倍位するので、あくまでも懐具合しだいです(笑)。

野池って皆さんはどんなイメージあるか分かりませんが、
池ごとにとっても違うのです。
野池の土や水の質の違いや、池がある周りの環境だったり。
その池ごとに違うと言っても良いくらい。

金魚の緋色が上がりやすい池も有れば
全然上がって来ない池もある。
後は飼い主が池ごとの性質に合わせて何とかするしかない。

緋が上がりやすい土質・水質って聞いたこと無いので、
そんなのが有るのか無いのか知りませんが・・・。
錦鯉だと川砂系の土質や鉄分を含んた水質だと
黒くなりやすいというのは聞く。

話がそれましたが、
緋が上がらない池では親物を飼うというのも有ると思うし。
普通に飼って色揚げをやることで補うっていうのも選択肢の一つ。

こんな風に書いてますが、
秋になったら懐具合が淋しくて
色揚げやってないかもしれませんし(笑)。





吊網の金魚。
C02-1753.jpg C02-1756.jpg

昨日地引網を引いて捕ったのですが、
今朝見たら網の中で産卵したようで卵がびっしり。

上の金魚たちは産卵中の訳じゃない。
その産み付けられた卵を食ってるところ。

しかし水の中で産卵しているはずの金魚の卵が
なぜあんなに上に付くのか。





畦豆。
C02-1628.jpg C02-1630.jpg

以前植えられたと紹介した、畦豆。
先週末の雨のおかげか芽が出てきた。
後はカラスに見つけられずに大きくなれれば・・・。
カラスって食う訳でも無いのに目が出たばかりの
畦豆を抜くのですよ。





蜘蛛。
C02-1728.jpg C02-1731.jpg

多分同じ種類の蜘蛛。
片方は餌にありつけたようです。





最後はおまけ。
C02-1746.jpg

多分青大将と思われる蛇の抜け殻。
かなりの長さがあります。
嫌いな人はクリックしないように。
スポンサーサイト

コメント

Secret

サバ尾好き様

こんばんは。
餌に随分気を使われているようですね。勉強になります。いろいろ、試してみていますが、これが良いというのは?です。
何でも旨そうに食べるので、時には、安い餌に頼ることもあります。最近は、青水飼育なので、浮き餌をやって喜んでいます。

朝霧ポイント、良い風景ですね。山古志の風景は大好きです。

kingyoman13

No title

さば尾好きさん、おじゃまします!
朝早くからお疲れ様ですo(^▽^)o
毎回見事な朝霧スポット、訪問者の方は
おそらく、田舎日和ファンの方達なのでしょうね!
餌の話題は非常に勉強になります。
うちは1〜2種類の餌をブレンドしてくれてますが、
さば尾は他の品種より餌喰いが良いですね!
やはり、与え過ぎに気をつけてます。

Re: タイトルなし

kingyoman13さん、こんにちは。

餌に気は使ってないですよ、金は使ってますけど(笑)。
これから秋の餌やり時期が終わるまではどうやってエサ台捻出するか毎年苦しみます。
まぁ、冬は冬で電気代だ水道代だと言われて小さくなっていいるのですけど。
餌はその時出来る範囲でやってます、浮餌は餌の食いを見て体調を知る手掛かりにしてます。
沈みがメインの主食って感じです。
自分は稚魚にブラインとか与えたこと無いので、その分楽かもしれません。

朝靄ポイントは撮影ポイントでもあり、この時期から秋まで車が絶えません。
さば尾好き

Re: No title

ピットブルさん、こんにちは。

この時期の早起きはもう習慣です。時間になれば二日酔いだろうが疲れていようが目は覚めます。
後は気力で起き上がって行動するのみです(笑)。
朝靄スポットを訪れる方は自分のことなど知らないですよ(笑)。写真の好きな方が集まるのだと思います。自分の様にコンデジ数枚撮ったら撤収って感じじゃなく三脚にデジイチで時間をかけて撮影されてます。
たまに三脚が道路にはみ出ていて邪魔な方もいますが・・・。

餌は飼う人毎で様々だと思います。自分の懐具合で我が家の金魚たちの餌が変わります(笑)。
ただ、デカくしたいならやっぱり高蛋白の方がデカくはなりますが、その分懐にやさしくありません。
さば尾は多分どんな金魚よりもと言って良いくらい良く食うと思います。
どれ位食わせて、どこで止めるかは難しい問題ですよね。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR