給餌風景や朝の写真。

2014/07/12 Sat

今日は曇りのは晴れ。
早朝は曇ってましたが、10時前から晴れてきた。
天気予報通りです。
今日は台風一過の快晴って感じでしょうか。
幸い当地は被害も無く、
台風の直接的な雨や風すらも無かった。
梅雨前線が押し上げられて雨が降った程度でしょうか。
被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

正直もう少し雨が降るかと思っていたのです。
減った分の野池の水が満水になるかなと。
思惑外れました(笑)。





まずはタイトルの給餌風景から。
三・四才池。
C02-2716.jpg C02-2718.jpg C02-2719.jpg

こいつら朝餌くれに行けば何時もの場所で待ってる(笑)。
やればやっただけ食べます。
当然その分春に比べてデカくなってます。
緋のノリも去年よりずっと良い感じ。





やたら。
C02-2730.jpg C02-2727.jpg

上の野池にいるやたら達。
もう剥けて模様付いて来てます。
前回の写真がピンボケだったので再チャレンジ。




二才池。
C02-2767.jpg C02-2770.jpg C02-2771.jpg

前回大きくならないと書いた二才池。
デカくはなりませんが、数入っているので食いつきは良い。
これから気温上がって来たら出来るだけ食わせます。





親池。
C02-2800.jpg C02-2798.jpg C02-2802.jpg

こいつら浮かない。
浮餌まいても時折嫌そうに食うだけ。
鳥が付いたりすると浮かなくなるのですが、
その場合は完全に浮かなくなる。
面倒臭そうに浮いて来るので鳥が付いたってわけじゃない。
浮かないと面白くないので、サッサと沈み撒いて帰って来る。





二才。
C02-2808.jpg C02-2810.jpg C02-2811.jpg

ここは暫く前まで、越冬イケス組が養生していた池。
そいつら出荷したので、今は当才池になっているのですが、
泥をかき回してくれる奴らが居るとアオミドロがわかない。
その泥かき回し要員の二才です。
真っ白なのや黒いのが写っているのは当才。
あと少しすれば選別できそうかな。

本命当才池が出てきませんが、
当才が小さすぎて出せない(笑)。
もう少しすれば写真にも写るようになることでしょう。
因みに前回書いた、
落とした親はここにいた奴です。
上に紹介した親池の奴じゃない。





ここからは餌くれまわった時撮った写真。
ある朝。
C02-2863.jpg C02-2859.jpg

霧が降りて真っ白な様子。





ねむの花。
C02-2734.jpg C02-2735.jpg





花。
C02-2789.jpg C02-2795.jpg





鬼百合。
C02-2901.jpg





茸。
C02-2893.jpg

二才池の土手に生えてた。





野イチゴ。
C02-2851.jpg C02-2855.jpg

カッコよく言えばワイルドベリーってことになるのか。
これを1キロくらい採って野イチゴ酒とか作ったら美味いだろうと思うけど、
量を採るの面倒なので毎年思うだけです(笑)。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちわ(^^)

いつも楽しみに拝見しています。
2歳池の最初の画像のど真ん中、水中から水面へ動こうとしているような個体(頭が緋色)、画像での判断ですが丸~いような…私好みの個体に見えます。
きっと実物はもっと迫力のある個体だろうと想像してしますのは初心者の私だけでしょうか(^^)

霧の風景から、山間のオゾンや空気感が感じられ癒やされている今日です。

Re: No title

けん玉さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ご指摘に有った玉さばたぶんけん玉さんの好みにど真ん中だと思います。
今年の二才の中ではでかい方でよく餌食いにも浮いてくるので自分も覚えている魚です。
柄は背一本ぽいのですが、肩の上がりが抜群の個体です。腹回りも丸いですし。
残念ながら迫力はまだないかもしれません、が秋にはオッと言ってもらえるよう飼い込みます。

台風が行ったと思ったら突然暑くなりました。
とは言えすぐ又雨のようですが、体調など崩されませんように。
さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR