週末の様子など

2014/08/18 Mon

今日は晴れと曇りの中間。
朝は曇ってましたが、その後は薄曇り。
ちょっとだけ青空が覗く程度。

折角稲の穂が上がり揃ったところなので、
ちょっと照りつけるような天気になって、
実入りを促進させてほしい所なのですけど・・・。
中々思うようにはいってくれません(笑)。





タイトルに行く前に、風景写真などを。
今朝の朝靄スポット。
C02-4765.jpg

朝靄じゃなくて霧で真っ白、何も見えません(笑)。





三・四才池の様子。
C02-4757.jpg C02-4761.jpg

こちらも霧で真っ白です。
いくら霧で視界が悪かろうと、
金魚たちの食欲はいつも通りですけどね。





更に霧の様子。
C02-4771.jpg C02-4773.jpg

現地にいた時は霧と相まってかなり幻想的な雰囲気だったので、
写真撮ったのですが、こうしてみるとただの霧の写真ですね(笑)。





朝焼け。
C02-4718.jpg

霧の写真ばかりでは何なので、
昨日の朝の朝焼けです。





何時もの山と棚田・棚池。
C02-4705.jpg C02-4712.jpg

C02-4789.jpg C02-4792.jpg

しつこいとか言われそうですが、こちらも霧の様子。
上は土曜日で下は今朝。
土曜日ここが霧に覆われていた時、朝靄スポットは霧も靄も無し。
今朝あちらは霧だったですが、ここは霧の気配もない。
直線距離だとほんの数キロしか離れていませんが、
けっこう違いが有るものです。





前回のブログで土曜日に選別した話を書きましたが、
今日は日曜日の午前中の話。

昨日も小雨降りの中の作業でした。
まぁ、土曜の様に土砂降りの中ってわけではありませんが・・・。
やったのは家の隣の車庫から№2当才池までの電線引き。

毎年の事なのですが、
この池、田んぼの水が不要な頃になると、
エアーポンプを稼働させなければならない。
理由はこの池通って下の田んぼに水を送っているので、
田んぼに水を送れる間は随時新鮮な水が入る。
それが田んぼに水が不要となると水を入れられないから。
この池の排水先が田んぼしかないのです(笑)。

で、酸欠防止のためエアーポンプの出番となります。
雨で濡れた草の中を電線引きながら移動。
当然ズボンはあっという間にびしょ濡れ(笑)。
それでも電線引くのは片付けるのに比べればずっと楽。

電線引いてポンプ濡れないように一寸した雨除け作って、
エアーポンプもってきて、さあ稼働と思ったら動かない。
春まで越冬水槽で使っていた奴なので、動かないはずはない。
調べたらやっぱり電気が来てない。

びしょ濡れになりながら100メートルコード引いたのに(笑)。
電気とか全く詳しくないので、理由も分からない。
取りあえず自分のできることっ言ったら、
雄口と雌口を分解して調べてみるくらい。
後は一か所草刈り機で断線させたところが有るので、
其処をもう一度確認。
何処も悪くなかったように見えましたが、
一通り調べたら通電してました。
結局何処が悪かったかも分かりませんが、
電気が通ったので良しとします(笑)。

今朝の様子。
C02-4799.jpg

エアーストーンを底から稼働させると泥が沸くので、
杭を打ってそれに縛ってあります。

これでも今朝酸欠気味だったけど・・・。
選別して数減らすしかないかな。





№1当才池。
C02-4778.jpg C02-4781.jpg

こちらは土曜日に選別した野池。
まだ、赤や白いのが沢山いるのが分かるかと。





花を四種。
C02-4742.jpg C02-4796.jpg

C02-4692.jpg

C02-4744.jpg

C02-4750.jpg





最後はススキの穂。
C02-4753.jpg C02-4756.jpg

左がススキで、右は茅。
ススキの穂が見えるようになると
夏も終盤って感じです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

サバ尾好き様

こんにちは。
凄い朝霧ですね。
幻想的な風景ですね。
内の地元は、朝イチでカンカン照りか、どんよりムシムシで、全然爽やかさがありません。

過ごし辛い季節も、金魚達は元気です。

kingyoman13

Re: タイトルなし

kingyoman13さん、こんにちは。
お久しぶりです。

ここ数日朝は冷え込んでいます。日中の気温が高くて、朝が涼しいと靄が立ちやすいようです。
朝一は涼しいですが、動いているうちに汗ばむほどの気温には上がりますけどね。
写真で見ると爽やかかもしれませんが、実際はそれ程ではないですよ(笑)。

今の時期気温が上がってこそ、金魚飼い込むことが出来るのでそれは歓迎なのですけどね。
我が家の当才達もやっとデカくなってきたところです。
さば尾好き

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR