明日の準備とお買いものと

2014/10/24 Fri

今日は晴れ。
朝から秋晴れの言葉がふさわしい気持ちの良い日です。
今日は気温も高めですし・・・。





今朝も起きて水見。
前回書いた、三・四才池の様子と、
昨日から出し始めた二才池の様子を見に。
金魚上げの準備は何と言っても水がどれだけ出ているか。
鯉だと少しくらい水が有っても網引けば大概取れるのですが、
金魚は網引いてもなかなか全部掛からない。
最後は水抜いて手で拾うしかない。
網を引く時に残してあった方が良い水の量と、
その後全部抜けるまでにかかる時間、この辺を見ながら。
なおかつ少なくし過ぎると、夜間に獣等に狙われるので、
そうならない位の水深を確保しながら。
書くと小難しそうですが、要は勘です(笑)。

一番悪いのは水抜きすぎて鳥やイタチに取られることですし、
逆に水を残し過ぎて翌日に持ち越しなんてことになったら最悪だし。
池の底に水抜き用のパイプが有れば何のことは無い。
少し多めに残して、網引いたらパイプ倒せばよい。
なのですが明日予定の二枚は両方ともそれが無い。
マメに見ながらホースで抜くしかないのです。

二才池は良い具合で水が抜けてる。
多分今日の昼位には一度水抜くの止めなければならない。
三・四才池は微妙。
明日に間に合うかって感じです。





写真。
何時もの朝靄スポットの今朝。
O01-3595.jpg O01-3605.jpg

O01-3625.jpg O01-3630.jpg

上は水見に行く途中、下はその帰り。
写真からも池上げが進み、
野池の水が無くなっているのが分かるかと。





色付き始めた山。
O01-3612.jpg
 
朝靄スポットの脇の山。
少しづつですが山に色が付き始めた。





水出し途中の三・四才池。
O01-3623.jpg O01-3622.jpg

残っている総量としてはかなり減っていますが、
水深が少なくなると圧が掛からないので抜けが悪い。
これ位からが時間がかかる。

二才池の様子取るの忘れました(笑)。





池の金魚。
O01-3617.jpg O01-3624.jpg

水が少なくなったので、さすがに口パクはしませんが、
いつも餌をやる場所で待ってます。





ここからはお買いもの。
マウス。
O01-3646.jpg

少し前に壊れたと書いた無線マウス。
昔使っていた、有線が有ったのでそれを使ってみましたが、
無線に慣れると、有線はやっぱり使いづらい。
しかも自分のパソコン、USBの差し口が右にあるので線が邪魔。
と言う事で壊れたのはエレだったので、
今度はロジにしてみました。
今のところ問題なく使ってます(笑)。





吊網。
O01-3281.jpg

2×3メーターの産網、既に当才のハネが入ってます。
一度全ての池から上がったものをこの池に寄せようと思ったのですが
そうするとまた池上げしなくてはいけない。
吊網張ってそこに収容することにした。





水温計。
O01-3589.jpg

O01-3642.jpg O01-3645.jpg

買ったのは上を二本。
これはお風呂用の温度計なので、適温が40度前後(笑)。

これと同タイプの鯉用を貰って使っている。
これがデカくて見やすいし、落としても壊れずらい。
いっそのこと全水槽これにしようかと思いましたが、
さすがにアクリル水槽にこれは一寸なので・・・。
そちらは今までのものを。

下は壊れた水温計。
このままでも使えないことは無いのかもしれませんが・・・。
水の中で縦に浮くように下におもりが入っている。
毎年ですが春の水槽片付けの時に落とす。
重い下から落ちるとこうなります。





浄水器の濾材。
O01-3641.jpg

こちらは買った物じゃなくて、今まで使っていた方。
と言っても買ったものも同じものですけど。

自分が一シーズンに水替えに使う総量は
これの交換目安よりも少ないですが、
取りあえず新しいものに変えて、今シーズン始めました。





最後は小間物。
エアーストーンとビニダン。
O01-3637.jpg

毎年同じような場所に同じセットで飼育を再開する。
去年の様に水槽増やしたとかなら別ですが、
今年は去年と全く同じ陣容。
水槽数も濾過もポンプも濾材も照明も。

なのに何故か足らないものが出てくる。
昨シーズンまで使っていたものを保管しているはずなのに。
この他にも二口タップや延長コードやらを買い足した。
まぁ、去年の様に大物のポンプが壊れたとかないので、
大きな出費にはなりませんが、何時の間にかお金が出ていく。
毎年の事と言ってしまえばそれまでですが、困ったものです(笑)。

そう言えば買ったビニダンは新規の使い方。
当才150水槽の片脇に張って遮光しようかと。
少しでも藻の発生が減ってくれればと。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR