当才水槽から

2014/12/18 Thu

今日は雪が降ったり止んだり。
天気予報だと終日雪だったので、それよりは良い。
けど、一旦降り始めると途端に大降りになったりしますが。

昨日の晩の風の凄かったこと。
台風並みって事前に聞いてはいましたが、
本当にそれくらい風は有った。
その割に雪の量はたいしたこと無かったけど。
今朝も早朝除雪しましたが、
吹き溜まりとそうでないところの差が激しい。
風に吹きさらされているところは数センチ。
吹き溜まりは1メートルって感じ。
それ位差が有った。
でも全体としての降雪量は少なかったので
除雪自体は楽でしたけどね。





先日、ネット眺めて暇つぶししていた。
そしたら思いがけないものを発見。
ヤフオクの過去記事なのですが、
○○○ △△産玉さばなる履歴が有った。
〇は地名で△は名前なのですが、
この名前と地名が当方と一致する。
しかも出品されている金魚も当方産出で間違いない。
けど、当然ながら自分が出品したはずもなく、
どなたかがそんなタイトルでヤフオクに出品してる。
しかも煽り文句までつけて(笑)。
確かに産出先が自分なのは間違いないですが、
市場に選別でハネて出荷したものを落されて、
それをさも産出者も了解済み的に
出品されるのはいかがなものかと・・・。
少なくとも自分の水槽なりイケスから相対で買って行って
△△産として販売なり出品されるのならまだわかるけど、
仕入れ先が市場で産出者を入れのはどうなのって感じ。
まぁ、落としてもらって言えた義理じゃないのかもしれませんけど。

ついでに言うと自分なら絶対さば尾だと思う個体まで、
玉さばで表示している。
それもどうなのって思う一因。
玉さばって書いた方が売れるからでしょうが、
落札者さんに対する誠意と言うか
正直さが足りないのではないかと・・・。

先日ネットを徘徊していて見つけたことでした(笑)。
自分が作った魚ってやっぱり自分なりの特徴あるので
見ているとすぐ分かるものだと別な意味で感心。
いきなり覚えもなく自分の名前で自分の魚見つけると
何でって思うものですねぇ(笑)。
今回は地名も名前も伏せましたが、
知っている方は沢山いると思うので、
興味が有ったらGoogleででも検索架けると見つかると思います。
まぁ、オークションは終ってますけど(笑)。

とは言え、落札された方が自分のこと
知っているとは思われませんが(笑)。
自分の金魚欲しいと思ってくださる方ってどれ位いるのか
興味がわいたのも確かですけどね。





今日は当才水槽です。
少し前にも同じようなの紹介してますが・・・。
懲りずに行きます。
7-7875.jpg 7-7880.jpg 7-7883.jpg 7-7983.jpg





7-7988.jpg 7-7994.jpg 7-8034.jpg 7-8047.jpg





7-7947.jpg 7-7950.jpg 7-7956.jpg 7-7954.jpg





7-7960.jpg 7-7966.jpg 7-7971.jpg 7-7973.jpg

上段が二列が大サイズで、下段二列が小サイズ。
大サイズの水槽壁面が汚れているのは見なかったことに。
金魚だけ見てください(笑)。

我が家の水槽見られ結構多くの方から出る質問に、
鹿の子って残りますかと言うのが有る。
そんな時は即答で残りませんと答える(笑)。
自分のブログ見ていただければ分かるし、
車庫の親水槽見てもらえば分かりますが、
綺麗な鹿の子の残った個体なんていません。
二才位までは残っていても
そのまま鹿の子でいてくれる個体は中々いない。
それでもたまにいるのですが、
そんな個体って翌秋上がってこなかったりするのですよ。
今シーズンも期待してたやつ、上がってこなかったし。

綺麗な鹿の子の固体、出来たら紹介したいすですが、
先は長そうです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR