二才水槽から

2014/12/20 Sat

今日は今のところ曇り。
予報だとこの後雨だとか・・・。
空はいつ降ってきてもおかしくないような感じ。
その雨も明日は雪に変わるって言っている。
年内に積雪2メートルとか止めてほしいのですけど。
もう少し降ったらとどきそう(笑)。

今日も午前中は屋根から落ちた雪片づけ。
除雪機からベルトが滑っているような音がするので、
見もらったら駆動用のベルトと、
ロータリーのベルトが両方ともダメダメでした(笑)。
切れる寸前だったようで
首の皮一枚で繋がってましたねって言われた。
直してもらって順調です。
切れる前に気付いてよかった。





今日はタイトル通り、二才水槽から。
ここ、込み合っているのと明かりが投光器で、
写真が赤くなりがちなのが重なって中々紹介しない。
一匹の魚の写真を続けて複数枚撮るのが難しい。
それと、光のせいか水のせいなのか不明ですが、
他の水槽と比べると魚にピントが行かず、
水にピントが有っている写真が量産できる(笑)。
水替えしたら変わるのか様子見ですが・・・。
そんな訳でここの水槽の金魚たち中々紹介していない。

今日はその様子だけでもと言う事で、行きます。
まずは全体から。
7-7247.jpg 7-7249.jpg





次は何時ものような感じで。
7-6750.jpg 7-6762.jpg 7-7254.jpg 7-7257.jpg





7-7264.jpg 7-7271.jpg 7-7273.jpg 701-6410_20141219161614b31.jpg





701-6451.jpg 701-6414.jpg 701-6421_20141219161740f98.jpg 701-6434_20141219161733ef9.jpg

少し前、もう少し丸いやつを作ろうかと思った時に、
同時に思ったのが横見で見れる奴も良いかなって・・・。
何時も何時も「上見・上見」と言ってますが、
一応気にして見たりはしているのですよ(笑)。

で、暫く横でも見れる魚をって感じで選別してた、
今の三・四・五才あたりはそんな感じが漂っているかと。
特上の奴らは上見だろうが横見だろうが
見れる奴らを揃えられたと思うのですが・・・。
その下の奴らの上見が面白くないことになって来た。
一匹だけ取り上げて言うのではなく、
水槽全体とか夏の水見の時とかに何となく感じること。

やっぱり自分の金魚は上見重視だよなって事で
元に戻して立てはじめたのが去年から。
でもまだなんか違うかもって二才水槽見ながら思うのです。
まぁ、何が違うかハッキリ言葉で言えるわけはないのですけどね。
それを言葉で表せるようにするのが今シーズンの課題です。

午後からは金魚たちの水変えと、
当才水槽の壁面掃除。
冷たいですけど、やらねばということで。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR