さば尾のおもしろさ

2015/01/16 Fri

今日は曇り。
天気予報通り、降りそうで降らない。
今週は目まぐるしく天気が変わった。
明日はまた荒れ模様らしい・・・。


超が付く程ど田舎の当地ですが、
去年の暮れからようやくフレッツ光のサービスが始まった。
と言ってもフレッツの全てのサービスを受けられる訳じゃなくて、
電話とネット回線がメインですけど。

で、当然我が家も申し込んでありました。
ただ、我が家はNTTの局舎から比較的近いので、
ADSLでもネットするのに不自由はなかった。
そんな訳で工事は何時でも良いよって言っていたら、
じゃあ年明けでねってことになって工事したのが昨日。

知り合いの電気屋さんに頼んだので、
NTTの工事の立会とネット接続の確認はその方がやってくれるという。
自分としてはわざわざ休まなくても良いので大助かり。

で、帰ってネット繋いだら爆即で驚き(笑)。
仕事でも光を使っているけどそれより全然早い。
今までもネット接続でストレス感じたことありませんでしたが、
次元が違う。
ここまで違うのかと正直驚きました。
どんな大きなファイルであろうと落とすのに躊躇うことなく、
クリックできそうです(笑)。
まぁ、中にはダウンロード元が速度調整している所も有るので、
全てとはいかないのは分かりますが・・・。

ヒカリでも局舎から近い方が良いとは聞いてましたが、
やっぱり田舎だと使う人の絶対量が少ないから尚更なのでしょうか。





タイトルの写真に行く前に、
何時もの山の写真から。
O-0271.jpg

朝日に染まった雪が薄っすらピンクなのですが、
分かるでしょうか。
肉眼だともっとピンクに見えるのですけど。
中々調整難しいです。





ブナ林。
O-0270.jpg O-0263.jpg O-0279.jpg

左二枚は吹雪の雪がブナの木に着いてる。
これはこれで花咲か爺さんの桜みたいで綺麗かと。
右はその雪が落ちた後。





スキー場。
C-5979.jpg

天気が良くてナイターのゲレンデが見えたので。
さすがに暗いとこで、高倍率のズームだとこんなものかな。





タイトルに行きます。
まずは写真から。
7-8454.jpg 7-0029.jpg 7-0067.jpg

7-1209.jpg 7-1217.jpg 7-8819.jpg





7-8877.jpg 7-0651.jpg 5-6367.jpg

7-8787.jpg 7-8879.jpg 7-8981.jpg





7-8412.jpg 7-8259.jpg 7-8408.jpg

7-9375.jpg 7-9249.jpg 7-9383.jpg

7-9138.jpg 7-9380.jpg 7-9681.jpg





7-9555.jpg 7-8999.jpg 7-1656.jpg

7-8401.jpg 7-9561.jpg 7-9742.jpg

上段と下段の二匹は今シーズン既に紹介済み。
中段の二匹は今シーズンはまだですが、
以前には紹介したことが有ると思う。

タイトルのさば尾のおもしろさについて。
さば尾について語る前に、玉さばについて。
玉さばのおもしろさはその体型が一番。
玉さばでさらに更紗が良ければ言う事ないけど、
いくら更紗が良くても玉が良くなければ
玉さばとしての価値は落ちるわけで、
そんな意味から玉さばはやっぱり体型ありきだと思う。
逆に言えば素赤系でも玉が良ければ
ある程度見栄えはする訳で。
さらに丸くて柄が良いものを作りたいと思っているのですけど(笑)。

じゃあさば尾のおもしろさって何って言ったら
まずはデカくなること、それと更紗模様だと思う訳です。
太みと体高の出たさば尾はやっぱり迫力が違う。
それで柄が良ければ言う事ない訳で。
玉さばの素赤はそれなりに見れても、
さば尾の素赤なんて面白くも何ともないし(笑)。
素赤のさば尾とデカくした姉金とでは大した変わりないし。

もう一つさば尾の魅力って自由度が高いってことだと思っている。
(まぁ、勝手に自分がそうしているだけって話もありますが)
錦鯉の紅白のような決まりごとにとらわれなくて良い。
頭に緋が無くちゃいけないとか、頬に緋が無い方が良いとか、
そんなことを気にせず色んな柄で表現できる。
それもさば尾のおもしろさの一つだと思う。

中段の二匹は両方とも三段ですが、
これを玉さばで作ろうと思ったらちょっと・・・。
(二段目のさば尾の巻き下がりが足りないというのは無しで)
こんな感じの柄って緋と白のバランスが有って成立する。
玉さばの背中でそれをやろうと思うとキャンバスが足りない。
玉さばの丸点三段出来たら面白いし目指しはしますけど・・・、
っていう感じです。

自分が思う良いさば尾って
柄が良くてデカくなりそうなこと。
まぁ、あくまで理想なので柄が良いけどデカくならないのもいれば、
デカくなったけど柄は今一つっていうのもいる。
それら全部をさば尾って言えるのが魅力なのかと。
スポンサーサイト

コメント

Secret

さば尾好きさん、お邪魔します!
今回も素晴らしい写真ありがとうございます\(^o^)/
特に中段の三段の2匹、素晴らしいです!
もちろん、保存させて頂きました(笑
さば尾の魅力、デカくて更紗のバリエーションの豊富さ自由さ、個人的には、越後地金魚の元祖としての威厳も魅力のひとつだと思ってます。
九州のはずれに住む我々にとって越後地金魚のさば尾は
神々しくもあります!
さば尾は、他の品種の金魚にも負けない魚だと思います!

Re: タイトルなし

ピットブルさん、こんにちは。

三段のさば尾二匹お気に召したようですねぇ。
ピットブルさんのところに送ったものとはまた違う趣があるかと。
どちらが良いというのではなく、
同じ三段でも柄によってこれだけ見栄えが違うというのを
見ていただければと思って載せたのですが・・・。

さば尾とか玉さばって自分が子供の頃から、身近にいた。
なので取り立てて珍しい金魚じゃないのですが、
最近になって玉さば・さば尾を飼う人が増えたり、
取り上げられる機会が増えているのは嬉しい限りです。

ただ、さば尾の扱いが玉さばよりも下って言う風にみられるのは
かなり残念というか、面白くなかったりするわけです(笑)。

なので、さば尾の魅力をつたえて行けたら良いなと思ってます。
でも、さば尾しか飼わないと丸手作れないって言われるので、
玉さばも作りますし、それはそれで面白くて好きです。
玉さばもどうせつくるなら、更紗の極上品作りたいですしね。

さば尾好き
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR