越冬イケスに行って来た

2015/02/23 Mon

今日は雨降り。
昨日はこの時期としては異例に暖かかったですが、
予報通り夜から雨に変わった。
それでもこの時期としては今朝も暖かかったけど・・・。
因みに昨日の日中は15度位まで上がったらしい。
昨日一昨日の好天で雪の嵩がぐっと減った。





今日は土曜日の午後から行った越冬イケスの様子。

例年なら一月中に一度は行ってその後
月一位で様子を見に行きながら餌を
パラット撒いてて来るのですが今シーズンは初めて。
やっぱり水槽飼育と違って越冬イケスでだと歩留まりが良くない。
そんな訳で去年は秋に極力出荷して、
極薄く飼うことで歩留まりを上げようかと思っていたのです。

で、イケスに放して越冬体制に入ったところで、
知り合いから発送の依頼。
薄くしたのに更に発送したので、残りは極わずか。
となると様子見に行くのもやっぱり億劫になり、
今に至ったという訳です。

でもさすがに2月も後半なので、
2か月位なにも食ってないことになる。
この時期食わせなくても落ちませんが、
何も食わせないと春になっての歩留まりが良くない。
ってことで、重い腰を上げ
イケスの様子を見に行くことに。
まぁ、予想外に天気の良いこと。
太陽光が雪で反射して目が痛い位。
そんな中行って来た様子です。

イケスのある場所。
R-2775.jpg

写真にペイントで印をつけましたが、
大体この辺にイケスが有る。
と言っても積雪2メートル以上の下ですけど。
ここをこれから雪堀。





クレソン。
R-2778.jpg

上の写真で田んぼが一部見えている手前に生えてる。
ここは湧水が流れているので雪が積もらない。
こんな場所じゃないとクレソンも越冬できなかったりします。

このクレソンの上にイケス脇を掘る雪を落していきます。
こうして雪の無い所が有るので、
イケス掘り出すのも比較的楽にできる。
これが無かったらまるっきり
2メーター以上掘り下げなければ行けない。





掘り出したイケス。
R-2782.jpg R-2784.jpg

かなり締まって硬い雪だろうと予想していったのですが、
締まった硬い層が一回あっただけで、後はザラメ雪。
代わりにその雪の重いこと。
スコップ一杯が普段の倍有る感じ。
それでも硬い雪よりは楽ですけどね。
重いだけなら小分けすればいいので・・・。

葦簀をめくって中を確認しますが、
何しろ周りは天気で眼は明るいのに慣れてる。
イケスの中なんて覗いても真っ暗で全然見えない(笑)。





隣のマス。
R-2786.jpg R-2788.jpg

越冬イケスは2×2のイケスが二マスならんで、
仕切りに穴が有るので、行き来できるようになっている。

何時もは二マス分頑張って雪掘るのですが、
雪が重くて途中で止めた(笑)。
一マス分開けて様子が確認できれば良いので・・・。
が、少しだけ掘った隣のイケスの様子が変。
マスの上に架けてあった葦簀が無い。
風で飛ばされたかして手前に落ちてる。

葦簀が無いなら尚、
無理して開けなくても良いってことで・・・。





手前のマスの中。
R-2795.jpg

久しぶりの太陽でみんな隣に行ったようです。
肉眼では良く見えませんが、
カメラはきちんと写してくれる。
こんな時に便利です(笑)。





隣のマス。
R-2798.jpg R-2806.jpg

こちらも自分には見えませんが、
カメラには写っているので、生存しているようです。
それにしても数が少ない気はするけど。

カメラの液晶で確認すると何か変なのが写っている。
そこにレンズ向けて撮ってみたら貉か狸が浮いている。
多分葦簀が飛ばされた時に
餌欲しさにイケスに落ちたものと思われる。
今度行くときは何か持って行って捨ててこねば。

餌を少しだけ撒いて、
非常食の昆布を吊るして帰ってきました。

最近は雪もそんなに降らないので、
久しぶりにスコップ持って雪堀した。
かなり疲れました(笑)。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR