朝靄のゆくえ

2015/09/17 Thu

今日は曇りのち雨。
天気予報通りと言えばその通りなのだけど・・・。
出来れば当たって欲しく無かった、かな。
曇りのまま雨降らなければよいのに・・・。
まぁ、予報は明日も降ると言ってますけどね(笑)。

今は金魚の端境期。
選別も終わっているし池上げには早い、
というか、稲刈りが終らなければ金魚は始められないのですけど。
そんな中、何人かの方から何時金魚あげられますかという、
電話を頂いた。
皆さん自分のブログなんて見ない方ばかりなのですが。
嬉しいのですが、
田圃が終らないと予定も立ちません(笑)。
もう暫くお待ちくださいって感じです。





ここからは何時ものように写真。
まずはタイトル関係から。
数日前の朝。
P-4504.jpg P-4502.jpg

我が家から朝靄スポット方面を。
右の写真、前回載せたスキー場のリフトの支柱が分かるかと。

濃い靄というか霧が立っている時はこんな感じで
我が家からも見える。





で、何時もの朝靄スポット。
P-4509.jpg

P-4517.jpg P-4522.jpg

良い感じで朝靄立ち込めてます。
カメラマンの方もどうゆう気象条件なら靄が立つか
分かっていらっしゃるようでこの日は大勢いた。





流れる朝靄。
P-4515.jpg

上の写真の左側方向に靄は上がってくる。
此処でも写真にスキー場のリフトの支柱が写っていまが、
スキー場のふもとを抜けて反対側に降りてく。





反対側に抜けていく朝靄の中。
P-4545.jpg P-4547.jpg

左は何時もの山が写っているのですが、
靄で霞んでます。
ここを超えると靄は水蒸気に変る様で見えなくなる。
ここら辺を撮ったのが我が家からの写真。

だから何て訳ないですが、
何時も撮っている朝靄のその後です。





何時ものようにここからは目に付いたものを撮ってみた。
まずはジョロウグモ。
P-4617.jpg P-4616.jpg

P-4673.jpg P-4675.jpg





蝉の抜け殻。
O-6482_20150915125456ac9.jpg

これ何故か長靴の内側にいた。
よく見ると足に埃がついている、
一度外側を登ってきて内側に落ちて
再度登って来たのかと。
でも、長靴の外側ツルツルのはずなのですけど。





花を幾つか。
P-4623.jpg P-4636.jpg

朝顔と南瓜の花。

P-4605.jpg P-4610.jpg

左はイタドリの花、右は不明。





最後は収穫物。
P-4671.jpg P-4680.jpg P-4677.jpg

左から白菜の間ねぎ菜と茄子。
中央は解説不要の南瓜。
右は山芋のむかご。

では、また。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR