水替えと濾過槽掃除

2016/01/10 Sun

今日は雪が降ったり、雨が降ったり。
さっきは雷もなってた。
この時期雷が鳴ると大雪に注意なのですが、
今年に関してはたいして心配はいらないかと・・・。
それくらい雪少ないです。
ちなみに当地で今30から40センチくらいかな。
昨年同時期の10分の一しかありません。
さすがにそろそろ降ってくるかもしれませんが・・・。

今日は珍しく日曜更新。
今月はパソコン入れ替えてから更新が滞っているので、
たまには日曜日にも更新します。
といっても、この時期ネタはない(笑)。
大雪降ったら屋根から落ちた雪の片づけ風景でも
載せようと思ってましたが、それもない。
ということで今日は午前中やった水替えと濾過槽掃除の様子から。
といってもいつものように作業中の写真はありませんが・・・。





金魚買っている方や熱帯魚買っている方にとって
水替えの様子などはいつものことでしょうが、ネタ切れということで(笑)。

水替え前の親水槽。
P1100002.jpg

本当はまだ濾過槽掃除時期じゃない。
なのですが、なんとく嫌な感じなので濾過槽洗うことに。

本来は水質を計って何が良くないかを分って水替えなり、
濾過槽洗いなりをするべきなのですが、
金魚飼育はじめてから、そんな数値計ったことない。
威張って言うことではありませんが・・・。
熱帯魚買っていたときはそれなりに色々調べたけど、
結局日々の観察で様子見ながらが一番いいという結論に至り、
以来、せいぜい図るのは水道水の塩素が抜けているかどうか位。

水槽に塩入れてもなめてみれば大体わかるし・・・。
こんなだから時々大ポカるのですけどね。





掃除前の濾過槽。
P1100003.jpg

ブレブレですが、様子ということで。





ポンプで水抜き。
P1100007.jpg





盥に水張。
P1100004.jpg P1100009.jpg

水槽から抜いた水を盥に張って、
ここで濾材とウール洗い。




濾過槽。
P1100010.jpg P1100013.jpg

左は上に載っていたウールをどかしたところ。
右はリング濾材と、サンゴ砂。

リング濾材は100均で売っている洗濯用の網に入れてる。
これが一番丈夫で長持ちするような気がしてる。
洗濯用なので濡れても腐らないし。
汚れがひどくなければ濾材は網から出さずにそのまま盥の中で振り洗い。
今日はそんなに汚れてなかったので二度洗って濾過槽に戻した。

サンゴ砂というより、石ですかね。
確か2Lか3Lサイズのサンゴ石だったかと。
これを20キロまとめて買ってストックしてある。
痩せて来たら随時足します。
ちなみにサンゴ砂は酸性に傾くのを抑えるため。
牡蠣殻でも同様の効果ありますが、
牡蠣殻は場所をとるのでサンゴ砂です。





濾過槽掃除終了。
P1100015.jpg

いきなりですが、濾材とウールを洗って再セットして終了です。

洗っているときは手が濡れているのでいちいち写真撮ってられない。
まぁ、濾過槽から出したものの汚れが落ちるまで洗って、
洗う前同様に濾過槽に戻しただけですけど。

さすがに親水槽から抜く水だけでは濾過槽洗いは終わらない。
ということで、他の水槽も水替えです。
他からの水も使って濾材洗って終了。
次回は三才と二歳水槽の濾過槽掃除かな・・・。




水入れ後。
P1100018.jpg P1100021.jpg

抜く分だけ抜いたら、先に水を入れ始める。
濾材洗いのほうが時間かかるので。

必要量ためたら、次の水槽にまた水溜め。
これを繰り返して三本に水が溜まったら終了です。
開始前よりも幾分か水の黄ばみが取れているように見えませんかねぇ。

明日になりばかなりいい感じの水ができているはずなのですが・・・。
そしたら写真撮り出来るかな。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR