雪の様子と歳の神

2016/01/18 Mon

今日は雨ふり。
関東圏や太平洋側の方は雪で大変みたいですが、
関東で雪が降るときって当地はほどんど降らない・・・。
今晩からは大雪らしいですが。
どうなることかって感じです(笑)。





今日は週末撮った当地の雪の様子と
後半は土曜日に行われた歳の神の様子。

まずはいつもの山と棚田・棚池から。
O-8533.jpg O-8541.jpg





野池。
O-8543.jpg O-8547.jpg

湧水が入っているところは雪がない。
右は野池の上にできた模様。





山の雪崩止め。
O-8601.jpg

中越地震で崩れた山。
そこに設けられた雪崩防止柵。





ブナ林と杉の木。
O-8538.jpg O-8598.jpg

この写真撮った時は木に雪が残ってましたが、
今朝は何もなくなっていた。





カーブミラー。
O-8530.jpg

去年の今頃はミラーの上まで雪で埋まってましたが、
今年は足元だけです。





我が家の車庫の脇。
O-8509.jpg

此方もほとんど無い。





車庫前の道。
O-8515.jpg





家の脇の田んぼ。
O-8523.jpg

今朝見たら表面まで水が滲んでた。





つらら。
O-8519.jpg O-8520.jpg





落とし板
O-8528.jpg

窓の外に板を置く鈎を取り付けて、そこに板を嵌める。
屋根から落ちた雪や積もった雪が窓ガラス割らないための予防装置。
当然中は暗くなりますが、仕方ない。
とはいえ、ここは水道のポンプ小屋なので人は住んでいませんが・・・。





家の脇。
O-8503.jpg

ロータリー除雪車で雪を飛ばした後。
これくらいの積雪しかない。





ここからは歳の神の写真。

出来上がった歳の神。
O-8461.jpg

中心は竹。
その周りに萱を巻き付けてさらに藁を巻いてある。
ついでに豆殻なども置かれてる。





火をつけたところ。
O-8463.jpg

恵方ら向けてしめ縄をかけそこから火をつける。
このしめ縄は前の年に神社に飾られていたもの。

各家庭の正月飾りやしめ縄、
破魔矢や不要になったお守りなんかもここで燃やす。
スーパーの袋はそんなものがたぶん入れられている。





だんだん火が回って来る。
O-8469.jpg O-8479.jpg

藁や萱を縛ってあるのは藁縄。
それが燃えれば簡単に崩れます。

崩れ始めたら餅焼き開始。





餅焼きスポット。
O-8497.jpg

こんな感じの場所が良い。





餅焼いているところ。
O-8490.jpg O-8496.jpg





片面が焼けた餅。
O-8489.jpg O-8493.jpg

この日は二つ焼いて食べた。
右は焼過ぎです(笑)。





ほぼ燃え尽きた。
O-8499.jpg

こうなってからも結構長く燃えてます。
回りじゅう雪なので燃え広がる心配はないけど。

こんな感じで餅やするめを焼いて食べ
その年の無病息災を祈るのが歳の神。
お神酒も回されますけどね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR