二段

2016/03/22 Tue

今日は晴れ。
朝から気持ちの良い晴天。
気温もそれなりに上がってますが、
その分花粉も飛んでいるようで、
鼻はグズグズです(笑)。
春暖かくなるのはうれしいですが、
花粉症は勘弁してほしいところなのですけど。





相変わらず金魚の紹介。
今日は二段緋の個体で行きます。

まずは一匹目。
7-3117.jpg 7-3426.jpg 7-3439_2016032213561181e.jpg

7-3099.jpg 7-3097.jpg 7-1424.jpg





二匹目。
7-2259.jpg 7-2452_20160322135718f76.jpg 7-2149.jpg

自分的に二段とか三段緋と言うときは
背中に緋を背負っていて腹は基本白地だと思っている。
完全な白でなくても基本白地であるか、
背中の緋と連動しない緋を腹に少し持っている程度か・・・。
本当は腹は完全の白地の方が好きですけど(笑)。

ただ、金魚を子取りしていると腹に緋を持った親を結構使う。
結果緋を巻いた個体がかなりの確率で出現してしまうわけで・・・。
まぁ、そこら辺の匙加減は難しいところです。





二段のように見える個体。
7-3397_20160322140543e44.jpg 7-2425.jpg 7-3683.jpg

こいつは上見だけなら二段ですし、
原の赤白なんて気にしなければ二段で良いかもしれない。
ただ、個人的にこれを二段と言うのはちょっと引っかかる(笑)。

形としてよくないとは思わないけど、
二段と呼ぶかどうかっていう話で・・・。
何時ものことですが、
飼い主が二段だと言えばこれも二段だとは思うけど。

個人的にはそう呼ばないかなって話。





二段に見えそうな個体、色々。
7-3064.jpg 7-3049_20160322140628d5d.jpg 7-2376.jpg

7-1431.jpg 7-3409_20160322140630435.jpg 7-9487.jpg

どれも微妙だと思いますが・・・。

個人的に二段と言うなら上の二匹のような感じで、
形が付いて欲しいと言う話でした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR