野池の話

2018/07/09 Mon

今日は晴れ。
朝から快晴です。
気温も上がって暑いですけど・・・。





写真も無いですが、週末のネタを一つ。
本命当才池混み合っていて
全然デカくならなくて困っていると何度か書いた。
遂に恐れていた事態が・・・。
酸欠で口上げ。
口上げしていれば当然餌も上げれません。
益々デカくなりません。
酸欠は夜明け前から夜明け後しばらくの間。
風が有ったり雨が降っていれば起きない。
この時期特有のじめっとした風の無い
雨が降りそうで降らないような朝に良く起きる。

で、仕方ないので網引いてかかった分だけ
別の野池に移しました。
その様子はってことでしょうが、
土曜日は終日しとしと降。
写真撮るのは無理です。
水見で分かってましたが全然デカくなってません。
まだ小さすぎて地引網の網に引っかからないサイズの奴もいたし。
それでも向け始めているやつはいましたけど。

これで少しは成長してくれると良いのですが。
二枚あるうちの一枚のみ移動。
もう一枚はいまだそのままです。





ここからは何時ものように。
昨日の朝靄スポット。
C_6884.jpg C_6887.jpg

靄は左手に去った後だったようで・・・。





二才池。
C_6890.jpg C_6894.jpg

こちらは霧の中。





帰り。
C_6898.jpg

靄出てましたが、
待っていられないのでこれだけ撮ったら移動。





こちらは今朝。
C_6988_201807091333264bb.jpg C_6983.jpg

快晴だというのが伝わるかと。





ここからは野池のあれこれ。
何度も書きますが、
野池有って良いですねってよく言われます。
自分の飼育スタイルは野池ありきで確立しているので、
数飼うためには野池無いと無理ですが、
必ずしも良い事ばかりという訳でもないですし。
色々大変なことも有ったりします。
今日はそんな話。

エアーポンプを稼働させ始めた家周りの池。
ポンプは持ってます(笑)。
で、後は有るものを流用して始めた。
ですが、不都合も見えてくるわけです。

それがこれ。
P_8929.jpg

エアーの吹き出し量とチューブの浮力に負けて
ストーンが浅瀬に戻ってきてしまう。
ついでにエアーが十分に出ていない。

タライや吊り網で使っている時は必要十分なのですが、
池にドボンだとストーンの重さが足りない。
ってことで、お買い物。

買ったのはこれ。。
P_8954.jpg P_8958.jpg

左じゃわからんて話ですが、
いぶきのエアーストーン。
長径五センチの番手は60。





交換後。
P_8933.jpg

チューブも伸びいているし、
エアーのでも今までよりずっと勢いよく出ています。

そもそも何でエアーポンプを稼働させなければいけないかって話ですが、
こちらも簡単、酸欠起こすから。
今回は起きる前にポンプ稼働させてますけど・・・。

魚の状態を餌の食いの様子で確認して、
早めに対処です。
まぁ、出来ることと出来ないことはありますが(笑)。





四才池。
P_8867.jpg

良い感じで水は出来て来てます。
が、浮餌上げても浮かなくなった。
餌の時は呼べば水面下には来てますが、
浮いてこない。

鷺やカラスが来ている感じは無いのですが・・・。
終日監視しているわけではないので分かりません。

まぁ、やたらの当才がデカくなってきて、
そいつらも浮餌に反応するようになった。
それを嫌って浮が悪くなることはありますが、
全く浮かなくなるわけではない。





取りあえず更にネット張って様子見、これも週末の仕事。
P_8995.jpg P_8997.jpg

防鳥網がわりにキュウリネットを池の周りに張り巡らせた。
36メートル一人で張っているとキーとなる時が一度や二度はあります(笑)。
50メートルは一人じゃ無理だと諦めました。
逆に18メートルは上手く晴れる様になりましたけど。





平穏無事な三才池。
P_8890.jpg

良い感じで水が出来てます。
この色になれば水は出来ている。

水槽同様、野池も水の出来・不出来があるのですよ。

水面に金魚たち餌食いに集まっているの分かりますか。





浮餌に反応中。
P_8892.jpg P_8893.jpg P_8895.jpg

こんな感じで金魚たちの様子を毎日見るわけです。
調子はいいですが、ここの金魚たちもサイズアップしません。





当才池。
C_6868.jpg C_6870.jpg

左は水面なのですが・・・。
これじゃわかりませんね(笑)。
当才池は粉とさなぎの粉を撒いているので、
二才以上よりも水の色が濃くなります。

こんな感じに出来上がると秋までアオミドロも発生しません。
まぁ、肝心の当才は小さいですけどね(笑)。





最期は二才。
P_8905.jpg P_8906.jpg

上でエアーポンプ紹介した池。
かなり食い気は上がってきてます。

今朝は濃霧

2018/07/06 Fri

今日は曇り。
午前中に一時だけ雨が降りましたが、
どんよりして曇ってます。
予報だとこの後雨のはずですが、
どうなりますか・・・。
というか、降って欲しいのですが(笑)。





今朝は起きてカーテン開けたら外が白い。
家の周りでこんな濃霧は珍しい。

我が家から見るいつもの山とブナの林。
P_8833.jpg P_8834.jpg

かなりの霧なのが分かるかと。
濃霧だろうと山回りは日課です。
金魚が餌を待ってますから。

さすがに今朝は軽トラのライトつけて走りました。





当然朝靄スポットも霧。
C_6850.jpg

此処が一番濃かったかも。





二才池。
P_8836.jpg P_8837.jpg





帰り道。
P_8846.jpg

P_8850.jpg P_8853.jpg


帰り道も霧ですが、
横断中のカタツムリもいた。
ゆっくりしてると車に轢かれますよ。





何時もの山と柵池。
P_8878.jpg P_8875.jpg

此処も当然霧です。





定点観測の田んぼ。
P_8856.jpg

奥に泊まっている、
軽トラもはっきり見えません。





こんな時にしか見れないものも有ったりします。
蜘蛛の巣。
P_8857.jpg P_8886.jpg P_8858.jpg

右の写真の様な感じで、
一つ一つは小さいし雲の糸も細い。
晴れている時は見えないというか、
気にならない。

霧の水分が雲の糸に付いて糸が見える。
田んぼ一面の蜘蛛の巣は中々圧巻です。
が、霧のせいでうまく撮れません。

この蜘蛛たちがウンカや小さな昆虫を食べてくれます。





次は野池の糸とネットに張られた蜘蛛の巣。
C_6873.jpg C_6874.jpg

C_6879.jpg C_6881.jpg

右の写真で分かるように
野池一面蜘蛛の巣だらけです。
ネットなんて普段気づきもしませんが、
やっぱり蜘蛛の巣張られているのです。





色味が無くてつまらないので、
最期はおまけ。
二才。
P_8909.jpg P_8910.jpg P_8912.jpg

キャメルバックタイプの玉サバが欲しいというリクエストをもらいますが、
基本、我が家の玉さばはオーソドックスな昔ながらのタイプ。
なので、ほとんどいませんと答えるのでが、
中には肩の上がりの良いものも居たりはします。
そんな三匹。
ですが、写真だとあまり体型良く見えませんねぇ(笑)。
実物はかなり良い体型してますよ。

今年の二才はこんなの結構居たりします。
ただ、小さいけど(笑)。

一緒に写っているやたらたち既にむけてます。

週末の作業

2018/07/05 Thu

今日は曇りのち雨。
午前中はどんよりした曇り空。
お昼頃から雨が降ったり止んだりです。
予報だと強く降るって言ってましたが、
そんなことは無く・・・。

今年の当地の梅雨は空梅雨気味。
まとまった雨が全然降らない。
この時期に水溜めておかないと
夏を乗り切れないのですが・・・。
湧水が増すくらいの雨が欲しいです。
去年の様に田んぼの法面が崩れるような
物凄い土砂降りはご勘弁ですが。
毎年ことですが、
自然相手なので思うようにいきません(笑)。





昨日の朝靄スポット。
濃霧。
C_6820.jpg C_6822.jpg

右、近くの木を撮っても白くかすんでます。





餌くれ後。
C_6833.jpg

時間にして10分も経っていません。
霧が晴れてきた。





で、週末の作業。
エアーポンプの設置。
P_8805.jpg P_8800.jpg P_8803.jpg  

作業中の写真は無い。
といっても、電線伸ばしてポンプ付けただけですけど(笑)。

家の周りは(といっても200メートル伸ばしてますが)何かあっても
色んな対処ができる。
これが山だと電気無ければ話にならない。

左が二才池。
餌くれの様子を紹介する場所。
草が凄いっていう突っ込みはなしで。
此処、となりが田んぼ。
そこに水を送る、なので除草剤が使えません。

中央も二才池。
ここの写真は紹介してません。
隣より小さいので数も半分しか入っていない。

右は親池。
此処も紹介しいる場所。

左の池でポンプ一台。
中央と右で一台から半分づつって感じ。

今回作業してみて不都合あったり、
気づいたことあるのでそれはまた今度。
物を調達しなければいけないので。





ここからは何時もの様に朝撮りの写真。
花。
C_6808.jpg C_6813.jpg C_6818.jpg





タニウツギ。
C_6835_20180705141526a24.jpg C_6839_201807051415270b5.jpg

季節外れで数輪だけ咲いてた。





これハルジオンで良いのでしょうか。
C_6840.jpg C_6844.jpg





ネジバナ。
C_6847.jpg

こんな感じでネジバナ咲くところは草を刈り残してある。



P_8819.jpg P_8824.jpg P_8825.jpg


P_8828.jpg

今朝撮りなのですが、
まぁ、ピントが合わないこと(笑)。
下の様な写真を量産。

デジイチでマクロ使って撮らないと
やっぱりダメなのでしょうかねぇ。





最期は田んぼ。
P_8810.jpg P_8813.jpg

中干し中ですが、
この天気じゃ田んぼ乾きません。
それでも雨降って欲しいのですけどね。

で、右の写真、ここだけ生育不足。
田植えしてからずっとここから新水を入れてた。
水が冷たいので成長が良くない。

中干しの為に水入れるのやめてますが、
やっと色づいてきたって感じです。

山回りの途中で

2018/07/02 Mon

今日は朝から晴れ。
気温は上がり、湿度も上がり大変です。
台風のフェーン現象でしょうか。

週頭なので週末の様子でも紹介したいところですが、
溝切りと除草剤散布。
どちらもすでに紹介してる・・・。
同じような写真では面白くないでしょうし。
かといって、目新しいことはしてません。
選別するようになると違ってきますが、
今月の中旬が一回目でしょうか。
何度も書きますが、本命がデカくなりません。
やたらたちは確実に太ってきてますが。
どういう事って感じです(笑)。





ネタが無い時は何時もの様に、
山回りの途中で撮った写真を紹介。
といってもこちらも同じような写真ばかりですが(笑)。

まずは何時もの朝靄スポット。
C_6791_201807021459493b6.jpg C_6793.jpg

今朝。
朝日が綺麗だったのですが、
写真だと何時もと変わりませんねぇ(笑)。





スキー場。
P_8779.jpg P_8781.jpg

草刈りが始まったようです。
まだ半分くらいかな。





月。
P_8784.jpg

上野スキー場の写真撮っている時に、
気づいたお月様。





紫陽花。
C_6756.jpg C_6758.jpg C_6768.jpg C_6762.jpg





ホタルブクロ。
P_8690.jpg





ドクダミの花。
P_8692.jpg P_8695.jpg

ここは日陰で咲くのが遅いみたい。
他の場所はもう花終ってます。





水車と給仕機。
P_8685.jpg P_8680.jpg

色んな場所に給仕機が付いてます。
水車はそんなに多くないかも。

理由は簡単、給仕機は太陽電池で動きますが、
水車は三相の動力。
電気が無い山はそのために電線引かなくてはなりません。





シモツケソウ。
P_8743.jpg P_8744.jpg

今年は終了。
また来年です。





花。
P_8772.jpg P_8777.jpg 





ねむの花。
P_8790.jpg P_8796.jpg P_8794.jpg

順番に春から秋へと移り変わってくる。





ネジバナ。
C_6752.jpg

まだ蕾が上がったばかり。
今日の天気で一気に咲くかと。

今日の給餌と今の餌

2018/06/30 Sat

今日は快晴。
朝から良い天気で気温もぐんぐん上がってます。
湿度も高いので少し動くと汗が出ます。

昨日のというか、今朝の予報でも
今日は終日曇りと言ってなかったか・・・。
しかもどこのサイトも曇りと。

曇りなら少し位気温有っても何とか溝切できると思ってましたが、
晴天で湿度あるときの溝切りはとっても大変。
熱中症に注意しながらです・・・(笑)。


今日で今年も半分終了。
毎年の事ですが時間の経つのが早いです。
結局今年も何もせずに終わってしまいそうです。





タイトルの写真行く前に
何時もの朝靄スポット。
C_6735.jpg C_6739.jpg

今朝は靄なんてないかと思いましたが、
良い感じで・・・。

餌くれ後。
C_6747.jpg C_6750_20180630100839525.jpg

餌やりして戻って来たら
更に濃くなってた。

暫らくねばって先を見たいところですが、
金魚が待っているので、行きます。





ついでに何時もの山と柵池。
C_6777_20180630100842074.jpg C_6773_20180630100840be9.jpg

緑が濃いです。





で、今朝の餌やりの様子。
先ずは二才池から。
P_8756.jpg P_8757.jpg P_8761.jpg

よい感じで成長してますが、
餌が足りているようで水を濁さない。
おかげで草が生えてきた。
隣は田んぼなので除草剤散布はできません。
最悪は手作業です(笑)。
多分やらないけど。





今の餌。
P_8707.jpg P_8709.jpg P_8711.jpg

左から浮の3号、浮の6号、沈みの4号。
浮の3号は2才用、3才以上は6号で。
沈みはみんな共通。
明日から7月なので色揚げも
そろそろ沈みに混ぜて上げようかなと。

野池に入れたばかりの2才は
3号でもくわえられないやつらがいましたが、
今は最低サイズの奴らも3号は食えるようになった。

というか、やたらの当才が3号食おうとつついてます。
さすがにまだくわえられませんが。

当才用。
P_8714.jpg P_8715.jpg

左は混ぜる前、上はさなぎの粉。
右は混ぜた後。
これを当才池には撒いてます。
が、まだ写真に写るサイズになりません。

どうなる今年の我が家の当才たち・・・。
チョット焦ってます(笑)。





3才。
P_8748.jpg P_8750.jpg P_8752.jpg

此処の奴らはじっとしていないので・・・。





4才。
P_8727.jpg P_8728.jpg P_8732.jpg

下は2才から、子取りに使った親も全部ここにいます。
何故かカメラ向けるとゆっくり食わない。
親池もそうなのですが、何故。





親池。
P_8764.jpg P_8766.jpg P_8769.jpg

ここは意外と小さい野池。
家の近くなので、エアーでも吹かそうか検討中。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR