目に付いた物を撮ってみた

2017/07/14 Fri

今日も晴れ。
朝から暑いです。
ついでに湿度も高いし。
今年の梅雨は梅雨らしいというか、
前回の様な大雨が降るわけではないですが、
定期的に雨が降ります。
で、降らない時は今日の様に暑い。
前半の今年は空梅雨って感じはどこ行ったのでしょうか(笑)。





今日は何時もの様に山回りの途中で撮った写真。

昨日の朝靄スポットから。
C_1053.jpg C_1063.jpg

毎日違う表情見せてくれるので。
左が餌くれ前、右が後。
相変わらず経った5分でこれだけ違う。





今朝。
C_1079.jpg C_1072.jpg





ねむの花。
P_2937.jpg P_2940.jpg

P_2942.jpg P_2950.jpg P_2960.jpg

地味かもしれませんが、
この時期意外と好きな花。





タケニグサ。
C_1003.jpg C_1005.jpg

P_2963.jpg P_2965.jpg

上は数日前、下は今朝。
花が咲き始めた。

この草は嫌い。
柔らかそうな見た目と違って、固い。
除草剤も効きずらいし。
しかも背が高くなるので、邪魔。
毎年同じところに生えて来るし。
まぁ、文句言いながらも写真は撮りますが(笑)。





田んぼ。
P_2968.jpg

久々登場の田んぼ。
今年は個の田んぼ出来がとっても良くない。





面白いやつら。
二才。
P_2913.jpg

墨がある。
P_2904.jpg P_2911.jpg P_2916.jpg

こちらは黄色。
P_2920.jpg P_2922.jpg P_2932.jpg

越冬させていると体調崩すと体表が黒くなる奴がいる。
自分のところに来た人から、これなんですかって質問貰う。
体調崩してます、まぁ人間だと風邪引きみたいなもので。
なんていうのですが・・・。

こいつはどうやら違う。
春に何匹が黒の有る個体を野池に放しましたが、
そいつらみんなもう墨は飛んだ。
大体、こんな墨の付き方しないし・・・。
暫く前からどうなるのかと思って見てますが、
このままなので載せてみることにした。
秋までにどうなりますか・・・。

下は緋が(緋は赤だけど)黄色い個体。
こいつも春先からこのまま。
元々小さい個体ですがサイスアップしてきても変わらず。
これはこれで面白いかもしれません。
まぁ、個人的には無しですが(笑)。





最後は本命当才。
P_2900.jpg P_2902.jpg

P_2923.jpg P_2929.jpg

上が玉の仔で、下がショートの子。
以前載せた時に比べてずいぶん剥けてきました。
最近の高温のおかげかな。

野池も色々あるのです

2017/07/11 Tue

今日も晴れ。
気温も高いし湿度も高い。
午後からは雲が多めな感じですが、
気温は下がらない。

7月に入ったなと思ったらセミの鳴き声を聞き。
セミが鳴き始めましたなんて書こうと思っていたら、
いきなりの大雨被害で・・・。
オニヤンマとギンヤンマも見たのですが写真には撮れず。
ゲンゴロウも久しぶりに見たと思えば
そんな時に限ってカメラ持っていなくて・・・。
中々思うようにはいかないものです(笑)。





本題に行く前に、今朝の写真。
C_0993.jpg C_0985.jpg

朝靄スポットの朝焼けと雲の写真。
今朝は靄は無かったのですが、東の空が良い感じだったので。
ついでに雲間からの朝日も。





今日は当才の野池の話。
普段良くないことはあまり書かないのですが・・・。
野池有って良いですね的なお話をよくいただく。
野池が無ければ自分の飼育スタイルは絶対無理ですが、
ここに書かない色んな大変なことも沢山あるわけで。
何が大変て日々の管理と餌代と草刈りなのですが、
まぁ、他にも色々有るのです(笑)。
今日はそんな話。

以前は子取りした野池にそのまま親を放して、
そこで二番の仔取りもしていたのですが、
それは選別が面倒なので暫く前に止めた。

なので、仔取りする前に野池に除草剤散布して、
アオミドロが生えてこないように予防しているのですが・・・。
何がどうしてかわかりませんが、
途中からアオミドロが大繁殖(笑)。
発生当初に除草剤の再散布を行えばよかったのですが、
春先に散布してあるから大したことにはならないと
たかをくくったのが、大失敗で。

かといって、当才があまり小さいうちは水質変えると、
全滅なんてことも有り得るので・・・。
ある程度の大きさになって、
環境変化に耐えられるのをじっと我慢で待ってました。
まぁ、その間にもアオミドロは繁殖続けているのですけどね・・・(笑)。

で、孵化後一月位立ったのでアオミドロ一掃作戦です。
まずは大繁殖したアオミドロ。
P_1995.jpg P_2001.jpg

最終的には除草剤散布してアオミドロ退治するのですが、
除草剤散布するとどうなるかというと、
簡単に言うとアオミドロは水の中で腐ります。
当然水質は極端に悪くなる。
なので水の中で腐るアオミドロを減らすために、
まずは手作業でアオミドロ取り除きます。
右の写真の奥にジャンボタライが写ってますが、
中網を使ってひたすら抄うのみ。
なのですが、抄うだけなら大した大きさの池ではないので、
そんなに大変な事じゃないのですが、
アオミドロと一緒に当才も抄えてしまう(笑)。
これを一匹づつアオミドロから取り出して、
また野池も戻す作業がめちゃ大変。





取りあえず手作業終了後。
P_2007.jpg P_2015.jpg

池の表面に浮いているものは極力取りましたが、
沈んでいるものや底にへばりついているものはかなり残っている。

それでも取らないよりはずっとましでしょう。
と自分に言い聞かせます(笑)。





除草剤散布後一週間くらい。
P_2507.jpg P_2508.jpg

上とは水の感じが違うのが分かるかと。
それでも死んで浮いてくる様子が無いので、
大丈夫かなってことで。





水を入れ替えた。
P_2612.jpg

で、先週の大雨を利用して野池の水の入れ替え。
上の除草剤散布後の水とは代わっているのが分かるかと。

で、ここまでの様子を先週にでもブログの記事にするつもりでいたのですが、
大雨降って土砂崩れ起きるはで、それどころではなく・・・。

ただ、雨降った後も毎日餌くれは続けているわけで。
ある朝から突然粉餌撒いても、浮かなくなった。
多分、何かの鳥が来ているらしい。
鷺ではないけど。
流石にまだ小さすぎて鷺は狙わない。

ってことで急遽週末は糸張り。
ついでなのでその様子も載せることに。
本当は選別に二回くらい終ってから、
糸張りするつもりでいたのですが・・・。
網引くとき何もない方が楽なのですけどね。
まぁ、色んなことが起こります。

ってことでクソ暑い中糸張りです。
まずは糸張る前の池。
P_2765.jpg

これくらいの水の色が理想です。





最初に支柱建て。
P_2772.jpg

支柱と言っても13ミリの鉄筋棒。
約135センチある。
地上部に100センチ残して打ち込み。





テグス。
P_2775.jpg

8号。
確か10キロ分の長さがあったと思う。





糸張り後。
P_2783.jpg P_2788.jpg

今回は土手際はキュウリネット張るつもりなので、
何時もの半分以下しか糸張り巡らせていません。





次はアニマルネット。
P_2779.jpg





ネット張り後。
P_2791.jpg 





終了。
P_2820.jpg P_2827.jpg

キュウリネットを張り巡らせて終了。
まぁ、このキュウリネット張りの大変だったこと(笑)。
途中でキーーーーーーって叫びそうになった。

親だと一旦浮かなくなったら再度浮くまでに
10日や2週間はかかる。
流石に当才だと翌日から浮いて粉餌食ってます。





おまけでもう一枚。
P_2854.jpg

こちらはネット張りまで。
キュウリネットはもう少し様子見てから。

写真はないのですが、
今朝の餌くれ時の様子だと、
サイズはこちらの方が小さいけど、
剥けは速いような気がする。

入れ物によってやっぱり違う

2017/07/10 Mon

今日は晴れ。
朝から暑いです。

先週前半は雨。
その後雨を引きづってはっきりしない天気だったのに、
金曜からいきなり快晴で気温が上がった。
特に土日は非常に暑かったのですが、
今日もそれ以上に暑くなっているようです。
そんな土日の様子はまた後でお伝えしますが、
今日は当才の現状を。






本題に行く前に、何時もの朝靄スポット。
C_0706.jpg C_0720.jpg C_0725.jpg

C_0844.jpg

上が土曜日、下が今朝。
同じような感じですが、土曜の方が靄が濃いかな。
靄に写る光芒が好きとしては土曜の方が良いかな。

しかし、これ本来は有り得ない写真なのです。
暗い所と明るい所両方が写り込んでいる訳で・・・。
ソニーのプレミアムショット凄いと思います。
まぁ、機種が古いので、
使った後処理に時間がかかるのは玉に瑕ですが(笑)。

簡単に言うと暗い所と明るいところに合う露出で数枚とり、
それを勝手にカメラが合成してくれるという機能。
ソニーのコンデジには結構搭載されている機能なので、
使ってみると面白いと思いますよ。
自分、風景以外もこれで結構捕ってます。





道路の土砂崩れのその後。
P_2763.jpg 

この写真だと我が家の池の崩れた場所と、
道路の土砂崩れの位置関係が分かるかな。
極近いです。

土曜の朝。
P_2743.jpg P_2758.jpg

前日の夕方で、崩れた土砂の撤去作業は終わった。
後はブルーシートでの雨除けと、
運んだトンパックの設置。

今朝。
P_2857.jpg P_28601.jpg

土曜日の夕方から通れるようになってます。
ここが通れないと結構迂回しなければならないので、
道知らない方には結構大変。
今は応急処置でしょうから、
後日法面補強の工事があるのでしょう・・・。





いつもの山と棚池。
P_2816.jpg P_2807.jpg

すっかり夏の山です。
野池も一番手前の大きい所には暫く前まで、
何も入っていなかったのですが、
ようやく最近魚が入った。





前々回で、当才がやっと剥け始めてきたと書いた。
今回は入れ物によって結構差が出てるって話。

まずは写真。
P_2725.jpg

P_2831.jpg P_2834.jpg

下に浮かない二才が居ますが、
やたらの仔ではありません。
野池が広い割に放す三才が居なかったので、
異常に沢山採れた、当才をかなりの数放した。
前回の雨で、結構な数流されたと思いますが、
まぁ、元の数がそれなりにいるので・・・。
しかも放した当才とは別で、
やたらの仔もちらほら見え始めているし。

剥け始めているものも見えて来てますが、
まだほとんど鮒色。
ただ、これでも金曜からの好天と高気温で、
大分剥けてきたところなのですけどね。
大雨の後の頃は殆ど剥けていなかったので。

因みに入っているのは上段の池。
当才入れるサイズの池じゃないのですけど、
まぁ、色々有ってこうなってます(笑)。

周りを林に囲まれているので、
日当たりはそんなに良くない。
極悪いって程ではないですが・・・。
後水深それなりにあるので、当然水温は低いです。
この日照時間と水温が剥けない原因。
サイズ的には例年並み位なので・・・。





二才のやたら達。
P_1276.jpg

P_2842.jpg P_2846.jpg

やたらではありますが、
大分剥けてきているのが見えるかと。
ここも、先週中盤まではほとんど鮒色。
此処三日でガラッと変わった。

ここはもともと当才か二才用のそんなに大きくない池。
平たく言うと地引網引きやすい野池です。
水深も深いところで100センチくらい。
北向きですが、遮るものが無いので、
朝から晩までずっと日が当たる。

この差が剥けて来る時期の差なのかなと思います。
サイズが小さくても剥けるものは剥けて来るので、
大小の差よりも日照と水温の差が影響してくる。

今週末には本命当才池、一番選別の予定。
今週は好天続きそうなので、結構進むのではと期待してます。
本命の仔の写真は撮れたらまた載せます。

雨は去ったけど・・・

2017/07/05 Wed

今日は雨のち曇り。
午前中は時々雨が降りましたが、
お昼前には雨は上がった。
午後からは薄日も差した。

今日のブログは本当は書きたくない。
ただ、自分に都合悪いこと書かないで、
良い事だけ書くっていうのも違う気がするので・・・。
それと自分の忘備録替わりってことで(笑)。

日曜から月曜にかけてかなり大雨が降ったことは前回書きました。
ただ、月曜の日中は雨降らなかったのですが・・・。
で、月曜の夜からはまた大雨。
これにやられました(笑)。





火曜日、前日同様早めに起きて、活動開始。
ただ、昨日の朝はそんなに雨降っていなかったので、
カメラは持参、カッパも着なくてよい程度。

で、我が家を出発するとすぐ県道にぶつかる。
右に曲がっても左に曲がっても、両方に管理している田んぼも野池もある。
そこの右折側に進入禁止のガードと交通整理の人が立っている。
何時も左の山から回ってくるので何時も通りにウインカー。
ただ、気になったのでどうしたのと聞くと、
この先で土砂崩れが有って落ちた土砂が道を塞いでいるので、
通行止めですとのこと。
多分知らないで向かってきた車が、
引き返すのに丁字路だとUターンしやすいから。
確認したら、そこから土砂崩れの現場まで、すぐそば。
ってことは我が家の山の隣ってこと。
後で我が家の田んぼの水見に行きたいので、
通してねってお願いして出発。

これは今朝。
P_2634.jpg

何時もの朝靄スポット。
昨日は濃霧でした。





野池。
P_2583.jpg P_2442.jpg

左が昨日。
右はしばらく前に撮った写真。
水の様子というより、霧の写真撮ったので、
そっちがメインですが、水位は分かるかと。

満水になってますが、
更に上からの排水が入っている。
左の写真手前側から水が入っているのが見えるかと。

排水口に行ったら当才が必死に流されまいと泳いでた。
けど、多分かなりの数が流されたと思います。

当然今朝も満水。
ただ、排水が止まったので、流れ出る水はなくなってたけど。





川と用水路。
P_2604.jpg P_2608.jpg

右の用水路普段はチョロチョロ氏か流れていないのですが・・・。





小規模崩落。
P_2585.jpg P_2590.jpg

右は前日落ちた場所。
キチンと手当てされてました。





田んぼ。
P_2596.jpg

折角切った溝が無くなってる。
再度切りなおしです。





親池。
P_2639.jpg C_0304.jpg 

ここも右が少し前。
付いたら土手でカラスが金魚食っている。
満水で土手に寄った金魚を捕ったらしい。

しかもその金魚面白い覆鱗が出てて、
秋上りを楽しみにしていた個体。

水が有っても無くても気を抜けません。
というか、金魚に気を付けろと言っても無理でしょうし。





二才池。
P_0912.jpg

P_2703.jpg P_2695.jpg P_2700.jpg

上はしばらく前、下は今朝。
前回紹介した池とは別。
ここは泥でごちゃ濁しで
金魚の様子なんて見えなかった場所。
しかも水温超が付くほど冷たい。





土砂崩れ現場。
P_2621.jpg

P_2670.jpg P_2682.jpg

上で書いた道路がふさがれた場所。
我が家の野池のすぐ隣。
上段が昨日で、下が今朝。
下段の右のトンパックが積んであるところは
自分の軽トラ置き場。





で、今日書きたくなかった理由。
我が家の田んぼ。
P_2617.jpg P_2649.jpg

田んぼの上の畑が崩落してきた。
左が昨日で、右が今朝。
昨日よりも今朝の方が崩落進んでいるし。

どうしようって感じですが・・・。
困ってます。





その二。
P_2677.jpg P_2687.jpg

野池の脇も落ちてきた。
ここ、土砂崩れの有った道路の脇の野池。
ここでポンプ盗まれた(笑)。

田んぼも野池も同じ山。
ついでに道路の土砂崩れも。
偶然じゃなくて、
土質とかの関係なんでしょう・・・。

今日は雨でやられたって話でした。

今のところ今年、二才は良い感じです

2017/07/03 Mon

今日は土砂降りのち、曇り時々晴れ。
ただ、この後夜からはまた雨らしいですが・・・。

昨夜は夜中から凄い降り。
雨が屋根をたたく音で雨の強さが感じられるほど。
眠っているのですが、どこかに意識があって、
強い雨が降っていると思っている自分がいる。
で、何時もよりも早めに起床。
5時前。
バケツをひっくり返したようなという表現がありますが、
まさにそんな感じ。
野池に水を入れている場所もあるので、
どうなっているのか心配。
ってことで、上下カッパ着て出動。
当然ながらカメラは無し。
あまりの雨なので、何時もの餌も持たずに・・・。

何時もの山回りの順番がありますが、
取りあえず水入れているところが心配なので、そこから。
どうなっているかと見に行きましたが、
水取口自体が激流に流されて崩壊。
ホースが残されているのみ。
それだと水もホースに入らないので・・・。
不幸中の幸いって感じでしょうか。
まぁ、また土嚢袋と杭使って水取口を作り直さねばいけませんが。

野池は降っっている水と野池の周りの法面からの水を
排水口が飲みきれない状況。
オーバーフローで土手越えしてるけど、
それですぐに土手が決壊って程の量が
流れ出ているわけではなく。
多めに水排口から出るようにすればなんとかなりそう。

取りあえず全部回りましたが、
直接の被害がある程ではない。
流れ出た当才はいたかもしれませんが・・・。
明日の朝もう一度要確認でしょうか。
まぁ、今晩もまた雨降ると言っているのですけど。

山を一回りして帰ってきたら、
携帯に緊急エリアメールが何通も届いていた。
そんな感じで今朝は週明けから慌しい感じ。

因みに通勤途中の道も
法面の土砂が崩れて来てた場所が有ったし、
川の水は凄く増水してました。
信濃川まで行ったら、もっとすごかったけど。





雨の様子。
家の前のブナの林と、前の道路。
C_0701.jpg C_0695.jpg

C_0704.jpg

ブナの林というよりも降っている雨を採ったのですが(笑)。
道路を雨が流れていく様子が分かるかと。





なごむ様に数日前の朝靄スポット。
C_0620.jpg C_0623.jpg

C_0633.jpg C_0640.jpg





オカトラノオとハルジオン。
C_0646.jpg C_0650.jpg C_0645.jpg

C_0656.jpg C_0662.jpg C_0664.jpg

両方同じ野池のネットの内側に咲いてた花。





で、タイトルの二才。
IMG_1626.jpg P_2547.jpg

左がしばらく前で、右が日曜。
分かりずらいかもしれませんが、
良い感じで増体してきてる。

個人的に二才をあまり大きくするのはやめたので、
こんな感じで丁度いいかと。





もう少し寄ってみた。
P_2555.jpg P_2556.jpg P_2559.jpg

今年は結構な数の二才を立てた。
その池によって成長速度は違いますが、
まあ、概ね良い感じで来てる。
とは言え、梅雨の今が一番体調崩しやすい時期なので、
明日になったら予定狂ったと言っているかもしれませんが・・・。

何時もの様に緋が抜けてお前何処から来たのっていう、
個体も何匹化はいますが、それはご愛嬌(笑)。

当才の時にデカかったので、
二才でも伸びるかと思って期待していたやつが
思いの外伸びなかったり・・・。
アレ何処から来たって位、
何時の間にか伸びているやつがいたり。
ただ、伸びる個体はやっぱり緋が薄くなるかな。
まぁ、秋までに緋は上がれば良いのですけどね。
プロフィール

さば尾好き

Author:さば尾好き
新潟県中越の田舎で兼業農家。
春~秋までは田圃や畑の様子を。
秋から春まではさば尾・玉さばのブログ・・・です。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
QRコード
QR